1年経っても未だ処分できず

ちょうど1年前に、長く愛用していたパソコンが壊れました。
仕方なく新しいパソコンに買い替えたのですが、困ったのが壊れたパソコンの処分です。

パソコンには個人情報が記録されていたので、ハードディスクの消去が必需です。
一応、処分業者の方で無料で消去してくれるようですが、確認する術がないので少々不安になります。
そこで念には念を入れて、ネットで使用していた全パスワードを変更することに決めました。

時期も時期なので、とにかく絶対年内中に処分するぞ!と意気込んでいたのを覚えています。

各サイトやパスワード自体は、管理ツールを利用していたので把握できているのですが、想像以上の数だったのでかなり面倒でした。

12月といったら大掃除の時期です。家の掃除をしている内に、他にも処分したいものがどんどん増えていき、年の瀬も迫ってきたため、優先事項はどんどん変わっていきました。
しかもあんなに意気込んでいたのは何処へやらで、結局パソコンの処分は年越しとなりました。

そしてまた私の悪い癖が出てきます。
年が明けた時にすぐ動き出せば良いものを、気が緩んでしまい、終いには年内中に処分すれば良し!という長い猶予を自分に与えてしまいました。

その結果、その内その内と先延ばしが続き、とうとう今年も残りわずかとなりました。
でもパスワードの変更は進んでいません。処分することもできずで、壊れたパソコンは未だクローゼットに眠っています。家族には、また年越しだねと言われる始末です。
今年も残りわずかなのに、私はこの1年何をやっていたのかなと、ただただ自分に飽きれてしまいました。